1. TOP
  2. あなたは何肌?肌質とニキビの関係性

あなたは何肌?肌質とニキビの関係性

ニキビ
この記事は約 5 分で読めます。 266 Views

ニキビは正しい知識とお手入れでほとんどのケースで改善することができます。大切なのは、その人の体質やニキビの原因に合った解決方法を選ぶこと。そのためにまずは肌質とニキビの関係性について紹介します。

肌質とニキビの関係性

肌質は大きく分けて「乾燥肌」、そして「脂性肌」の2つに分かれます。

・乾燥肌とは

乾燥肌は肌のうるおいや水分が減りバリア機能失われている状態です。特にもともと皮脂の分泌が少ない部分の口周りなどは荒れてしまいがちになります。乾燥肌の人は水分と脂分のバランスが悪いのですが、まずは保湿することが大切です。化粧水でもしっとりタイプとか乾燥肌用などと書かれているものがいいでしょう。最近は同じブランドの同じ化粧水でもさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類が販売されていたりもします。特に冬などの空気が乾燥する時期は同じように肌も乾燥しやすいため、しっかりと保湿ケアしたいところです。

・脂性肌とは

脂性肌の原因には、さまざまな要因が考えられますが、実は以外なことに水分不足の場合も脂性肌になることがあります。
肌は皮脂の状態が安定しているとちょうど良い皮脂膜を作り、外部の刺激から肌を守る機能が働きます。健康な肌の場合は適度な脂で守ってくれているのですが、バランスが崩れると脂の量が増えてベトベト肌になってしまうのです。お肌の水分不足からくる脂性肌とは角質層が乾燥しているからです。角質層が乾燥すると水分がこれ以上蒸発しないように表面に皮脂膜を張る機能が働き、必要以上に脂が出てしまいます。この場合は、角質層までしっかりと保湿することが解決につながります。

その他の原因では肌のお手入れの間違いによるもの。脂が出るからと過剰に洗顔してしまい、ちゃんと洗っているのに脂性が治らないと悩んでいる人もいます。脂の取り除きすぎると肌は脂が足りない!と認識して余計に脂を分泌するようになってしまいます。洗顔のし過ぎや脂の取り除きすぎも注意が必要です。

また、洗顔のときにきれいにしようと肌をゴシゴシこすり洗いするのも刺激してしまい良くありません。気持ち的にはゴシゴシと洗った方がいい気がしますが、実は泡をしっかり泡立てて、その泡を顔の表面にすべらせるほうがしっかりと汚れを取り除くことができます。顔を洗うときはやさしくあらいましょう。
そして洗顔の後は必ず保湿しましょう!保湿はさっぱりタイプでアルコール分が含まれないものが良いでしょう。アルコールは水分を蒸発させてしまうからです。

脂性肌は、皮脂が詰まりニキビができやいため毎日のスキンケアで肌質を改善し、肌トラブルを防ぎましょう。ニキビができている部分は特に刺激を与えることで悪化することも考えられるので優しくケアしてあげてください。

ニキビと色素沈着

ニキビの炎症が治まったと安心していたら、ニキビがあったところにシミが!とがっかりしたことはありませんか?この、お肌に残ってしまう嫌なシミ。どうしてニキビ治ったあとに色素沈着を起こすのか不思議ですね。ニキビ跡の原因と色素沈着してしまった部分のケア方法があります。最適な方法で改善へと導きましょう。

色素沈着する理由

そもそも、色素沈着は、なぜするのでしょう?ニキビ跡の色素沈着には茶色いタイプと赤黒い紫色のようなタイプの2つがあり、それぞれに合ったお手入れがあります。

①茶色いニキビ跡の色素沈着
ニキビは毛穴に皮脂が詰まり炎症を起こしたものです。炎症を起こすと皮膚は炎症によって細胞が攻撃されないようにメラニン色素が排出されます。炎症の度合いにより、メラニン色素の量は多くなります。嫌な存在のメラニン色素と思われてしまうかもしれませんが、外的から皮膚を守る大切な役割を果たしています。ターンオーバーが通常通り働けば、皮膚に残ったメラニン色素は自然に排出されるのですが、体調が優れない、寝不足などでターンオーバーが正常に働かないと当然、メラニンは皮膚に残ってしまいます。これがニキビ跡に夜茶色い色素沈着の原因です。

②赤黒い紫色のニキビ跡の色素沈着
内出血のようなニキビ跡の原因は、ヘモグロビンの色です。ニキビの炎症がひどい場合、真皮まで傷つき、真皮の中の毛細血管が内出血し、細胞にヘモグロビンの色が染み渡ります。ヘモグロビンは赤いですが、時間が経つと酸素を失い黒っぽい色に変化します。

ニキビ跡による色素沈着を改善するには

美白ケア、ピーリングなどさまざまなスキンケアがありますが、シミを短期間で効果を出したいのならハイドロキノンがいいでしょう。ハイドロキノンは医療機関で処方される注目の美白クリームです。 最近では薬局などでも手にはいるようになりました。

ハイドロキノンはメラニン色素の原因になるメラノサイトの数を減らすことができます。「肌の漂白剤」と呼ばれるほどです。アメリカでは有名な成分です。さらに相乗効果をあげたいのなら「トレチノイン」と一緒に使う方法もあります。取れチノンを使うことで皮膚の再生機能がUPすることでメラニン色素の排出を促します。

ハイドロキノンは効果が高い分、使用する際には、医師からの処方し使いはじめることをおすすめします。ハイドロキノンでニキビ跡のないお肌をとりもどしたいですね。ぜひ、参考にしてください。

赤いニキビ跡の場合は、内出血が原因なのでハイドロキノンはあまり向いていません。ニキビがまだ傷の状態なので身近なものだとオロナインで治す方法もあります。オロナインの効能・効果欄にはニキビと書かれているのを知っていましたか?ドラッグストアなどで簡単に手に入るので、赤いニキビ跡で悩んでいる方は一度試してみては?

\ SNSでシェアしよう! /

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bihadamania

美容マニアのアラサー子持ちママです。これまでいろんなコスメや美容液を試してきました。経験したことや悩んできた肌トラブル・美容法などを発信していきます。美容外科に行ったこともあり、いろんな経験をしているのが強み。皮膚科医の先生に聞いたこと、人気の美容本なども読み漁っているので美肌に関する情報をお届けできたらいいな~と思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日焼け止めだけでは紫外線対策はダメ?この方法がスゴイ!

  • シミってこんなにタイプがあるの?化粧品に効果のないシミとは?

  • 老人性色素斑はレーザー治療が効かないってホント?

  • 30代から急にシミは取れなくなる?30代からのシミ対策

関連記事

  • ニキビ跡の洗顔、スキンケアの方法

  • ニキビにビタミンCはこれだけ重要!

  • 睡眠不足は肌荒れニキビの大原因!

  • クレーターニキビ跡がなくならない?消し方とは?

  • ニキビ跡ってレーザーのシミ取りで消えるの?

  • ニキビ跡にはハイドロキノンが良いってホント?