1. TOP
  2. ニキビってつぶしてもいいの?あとは残るの?

ニキビってつぶしてもいいの?あとは残るの?

ニキビ
この記事は約 5 分で読めます。 244 Views

パンパンに膿をもったニキビができると、目立つし膿があるとつい潰したくなります。だけどニキビは潰してもいいのか悪いのか?良くわかりませんよね。本当のところ、ニキビが早く治って跡が残らない方法はどちらなのでしょう。

ニキビを潰しても良い?

ニキビを潰しても良いけれど、注意しなきゃいけない点がいくつかあります。ニキビを潰すと、ドロッとした白い膿が出てきますよね。膿が皮膚の中にずっと入っているよりも早く出した方がニキビは早く治ります。コツはニキビ芯を残さずに全部出し切ることです。膿が中途半端に中に残っていると膿がまた溜まりやすいのも気を付けたいところです。

膿を外に出すことはニキビ治療を早めます。しかし、強い力でニキビを潰すと芯もごっそり取り去ってしまうとクレーターになりニキビ跡になることもあります。ニキビが治っても跡が目立つとニキビを治すよりもかなりの時間と手間がかかるのでできるだけ慎重に潰したいところです。強い力が加わると色素沈着の原因になることも。方法を間違えるとかえって跡に残ったりと目立ちますので、ひどいニキビは皮膚科受診して処置をしてもらうことをおすすめします。

膿の正体は?!

白い膿はニキビ芯とは違います。これは、白血球とアクネ菌が戦った細菌の残骸で皮膚の中に閉じ込めておく必要性はありません。ニキビ芯は毛穴部分に詰まり、外に出られなかった皮脂のかたまりです。

ニキビの炎症を早くおさえたいのならニキビの膿は早めに処置しましょう。炎症が長引くと皮膚の奥深くまで傷が残ることもあるためです。理想は膿を持つ前にニキビは薬などで治し炎症をおこす手前で止めることです。

どんなニキビでも潰したほうがいいの?

ニキビには、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビとありますが、潰してもいいニキビは皮膚の炎症がおさまっている白ニキビと黒ニキビになります。この2つのニキビは皮脂が溜まっただけのニキビのため、上手に潰すのなら問題ありません。ムリに潰すことは禁物です。白ニキビの場合、毛穴に詰まっているアクネ菌が増殖してしまいニキビが悪化してしまうこともありますので、炎症をしていないなら早い段階で潰したほうが早く完治するのです。

ニキビ芯は毛穴に詰まり、小さなゴマのような芯がとれます。大きいものですと米粒のようなものが詰まっていることもあります。あまり大きくなってからとり出すと皮膚に大きな穴が開き、元に戻らないこともあります。

赤ニキビは炎症をおこしているので触ることもあまりよくないため潰すのはやめましょう。

コメドプッシャーでニキビを潰す方法

入浴後や洗顔後に「コメドプッシャー」でニキビを潰す方法があります。エタノールなどで消毒し、ニキビの上に当てて潰します。白いコメドが出たらピンセットでとり出します。毛穴や皮膚に負担がかからず、ニキビを治療できるためおすすめです。

つぶさずにケア

もしニキビを潰さなかったらどうなるのでしょうか?つぶさないニキビケアを紹介します。

ニキビができたら何をしたらいいの?

みなさんは、ニキビができてしまったら何をしますか?ニキビはできたら潰す、化粧水や乳液は塗らないなど、うわさや自分でのルールを決めて何がいいのか分からないけどとりあえず自分でできることはやってみたという方が多いのではないでしょうか?実はニキビを悪化させないためにまずは正しい洗顔方法がおすすめです。洗顔が自分でできる一番おすすめのニキビケアになります。

ニキビができてしまったときの洗顔方法

①ニキビは毛穴が詰まり炎症を起こしている状態です。そのため、菌が付着しないように最初に手を洗いましょう。

②メイクをしているときはクレンジング剤を使用し、化粧下地やファンデーションを浮き上がらせ適度な温度のお湯で洗い流します。メイクをしていない場合は適度な温度のお湯で素洗いをし、こうすることで洗顔をする前に毛穴の汚れを溶かし皮膚をやわらかくすることができます。

③洗顔料は自分の肌に合うものを使います。(洗顔後にすぐ突っ張らない。肌荒れを起こさないのは鉄則!)泡立てネットなどを使用し、固めのたくさんの泡で包み込むようにし洗います。泡は硬めでクリーミーに両手いっぱいに使いお顔全体を包み込むようにやさしく洗います。スクラブ入りの洗顔料はニキビを刺激してしまいますので使わないほうが無難です。鼻の周りなどオウトツのある部分はクルクルと円をえがきながら隅々まで洗いましょう。泡を肌に吸着させて泡を毛穴の中に染みこませて汚れを浮かせるイメージで洗いましょう。汚れを取ろうと皮膚をこすったり触れたりしない方がいいでしょう。皮膚やニキビを悪化させる原因になります。

④洗顔料を落としますが最初は両手全体を使って適度なお湯で何度も泡を流しましょう。あまり熱いお湯で洗うと皮膚が乾燥し、肌を痛めてしまいます。こめかみおでこの生え際部分はすすぎ残しの多い部分ですので充分に流し泡が残らないように気をつけましょう。

⑤洗顔が終わったら水分を拭きとります。やわらかいフワフワのタオルで水滴を上から押さえるように拭きましょう。水分が完全に乾かないうちにサッと化粧水だけでもスキンケアをするのもコツです。みずみずしいお肌に仕上がります。そしてニキビがある部分は水分を中心に保湿をし、クリーム状の乳液よりは化粧水、美容液のみにするほうが良いでしょう。

ニキビは気になって触りたくなるものですが、菌が付着してしまい、ニキビが悪化してしまいます。清潔を心がけることができれば、徐々に治りますので、まずは毎日の洗顔が自分でできるニキビケアといえます。

\ SNSでシェアしよう! /

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bihadamania

美容マニアのアラサー子持ちママです。これまでいろんなコスメや美容液を試してきました。経験したことや悩んできた肌トラブル・美容法などを発信していきます。美容外科に行ったこともあり、いろんな経験をしているのが強み。皮膚科医の先生に聞いたこと、人気の美容本なども読み漁っているので美肌に関する情報をお届けできたらいいな~と思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日焼け止めだけでは紫外線対策はダメ?この方法がスゴイ!

  • シミってこんなにタイプがあるの?化粧品に効果のないシミとは?

  • 老人性色素斑はレーザー治療が効かないってホント?

  • 30代から急にシミは取れなくなる?30代からのシミ対策

関連記事

  • ニキビ跡にオロナイン軟膏が効くってホント?

  • ニキビ跡の洗顔、スキンケアの方法

  • ニキビが治らないのはどうして?早く治すためのチェック表

  • ニキビ跡ってレーザーのシミ取りで消えるの?

  • 睡眠不足は肌荒れニキビの大原因!

  • ニキビの種類と対策、赤、白、黒ニキビは全然別物?