1. TOP
  2. 産後の肌のケアとシミ予防の方法

産後の肌のケアとシミ予防の方法

シミ・シワ
この記事は約 4 分で読めます。 263 Views

妊娠・出産を経て育児に至るまで、女性の体は相当な体力を使っています。産後、休むまもなく育児が始まると、スキンケアも後回しになりがち。赤ちゃんには夜中も対応しなければならず、寝不足や神経系の乱れなどさまざまな理由から肌トラブルが起きやすくなります。

肌トラブルの中には、顔のたるみも含まれています。シミやシワと同じく深刻なたるみは、なぜ産後に増えるのでしょうか?

●顔がたるむ原因と対策
・骨盤の歪み

出産すると、女性の骨盤には歪みが生じやすくなります。体幹部が歪むと、背骨から頭蓋骨に至るまで歪みが波及し、皮膚にも歪みが生じます。些細な骨盤の歪みから、誰もが見てわかる顔のたるみに繋がっていくのです。

対策方法としては、整体やストレッチ、正しい姿勢などで骨盤から背骨の歪みを解消すること、さらに顔の表情筋についてもトレーニングを行って、顔の内側から鍛える必要があります。

・ターンオーバーの乱れ

出産直後から数ヶ月の間は、育児や疲れなどで睡眠不足や疲労の蓄積が続きます。夜10時から翌日2時までの時間帯にまとまった睡眠が取れなければ、肌のターンオーバーが乱れ、古い肌細胞が新しい肌細胞に入れ替わるタイミングを逃してしまいます。

対策方法としては、他の家族に協力して貰ったり、睡眠時間を決めて眠るなどして、10時から2時の間まとまって起き続けないようにすると良いでしょう。

・ストレスや加齢

育児は、出産直後からすぐにスタートします。赤ちゃんを産み育てるお母さんの体はいつも以上に消耗した状態。年齢にもよりますが、肌にもそのストレスや疲れが現れ、たるみが生じることがあります。エイジング(加齢)によっても、肌がたるみやすくなります。

対策方法としては、ストレスを適度に発散させてホルモンバランスや体調に配慮すること、食べ物にも配慮し、コラーゲンやミネラル、ビタミンなどを多く摂るようにします。

・肌質の変化と乾燥肌

肌のたるみの原因として多いものが、産後の乾燥肌です。冒頭でも述べましたが、育児が忙しくなるとどうしてもスキンケアを後回しにしてしまいがち。化粧水を付けず洗顔だけのお手入れでも、乾燥肌になってしまいます。肌が乾いたまま放置していると、角質はどんどん硬くなり保水力が失われてたるみが生じ、シワやシミの原因にもなります。

対策方法としては、こまめなお手入れ以外に方法はありません。保湿力の高い化粧水やクリームなどを塗って、温かい季節でも乾燥肌にならないよう注意しましょう。

産後の肌のケアの方法とは?

私たちの肌は肌細胞が集まって構成され、それらは28日周期で新しいものに生まれかわっています。古いものから新しいものへ生まれ変わることを「ターンオーバー」と呼びますが、このターンオーバーが正常であれば、シミやそばかすなども古い細胞となって剥がれ落ち、きれいな肌をキープできます。逆にターンオーバーが上手くいかなくなるとシミやそばかすは同じ場所に居座り続けることになります。

ターンオーバーが上手くいかないと、古い角質が厚みを増し、ますますシミやそばかすが代謝されにくい肌になってしまいます。

生活習慣を改善しよう

レーザー治療に頼らずシミやそばかすをケアするには、ターンオーバーの周期を正しく戻す必要があります。そもそもターンオーバーが乱れる原因は加齢・生活習慣・ホルモンバランスの変化・環境要因・ストレスなどが挙げられますが、加齢以外の原因は自分で対処することができます。時間はかかりますが、美肌を目指すには体の内側から健康を目指す必要があるのです。

生活習慣については、午後10時から午前2時までの間に就寝するようにします。この時間帯は肌に負担をかけないよう、メイクをしない・ビタミンCを破壊する喫煙などを避ける・就寝中の肌の乾燥を防ぐ(加湿器や保湿力の高いスキンケアなど)ようにします。

食生活の改善も大事です。食べ物をバランス良く摂取することで、肌にも必要な栄養素が行きわたり、肌の代謝が活発になります。必須アミノ酸・タンパク質・ビタミン類(特にビタミンCやビタミンEなど)・ミネラル類などをまんべんなく摂りましょう。

スキンケアを忘れずに

肌を乾燥させていると、角質層が硬くなりターンオーバーが遅れてしまいます。シミやそばかすを肌から取り除くには、ふだんからまめにスキンケアを行うことが大切。メイクは夜10時までにきちんと落とし、クレンジングの後は洗顔を行って皮脂や汚れを取り除きます。

肌がきれいになったあとはきちんと保湿を。オイリー肌の方は軽いミストや化粧水でOKです。乾燥肌の方は就寝中に肌が乾いてしまうので、クリームなどでしっかり肌に潤いを与えましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bihadamania

美容マニアのアラサー子持ちママです。これまでいろんなコスメや美容液を試してきました。経験したことや悩んできた肌トラブル・美容法などを発信していきます。美容外科に行ったこともあり、いろんな経験をしているのが強み。皮膚科医の先生に聞いたこと、人気の美容本なども読み漁っているので美肌に関する情報をお届けできたらいいな~と思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日焼け止めだけでは紫外線対策はダメ?この方法がスゴイ!

  • シミってこんなにタイプがあるの?化粧品に効果のないシミとは?

  • 老人性色素斑はレーザー治療が効かないってホント?

  • 30代から急にシミは取れなくなる?30代からのシミ対策

関連記事

  • シミやそばかすって遺伝でできやすくなる?

  • ビーグレンって長期使用は大丈夫?シミ消し効果は?

  • 肝斑を消す方法とは?そのシミ、実は肝斑かも

  • エステでシミは消せる?エステのシミ取りコースとは?

  • 私はシミができやすい体質?こんな人はシミに注意

  • 10代の肌のシミ対策はまずは日焼け止めサプリから