1. TOP
  2. ケシミンクリームでシミは消える?消えない?

ケシミンクリームでシミは消える?消えない?

シミ・シワ
この記事は約 4 分で読めます。 559 Views

CMでもおなじみの、小林製薬の「ケシミンクリーム」。効果がないとも言われることがありますが、実際にはどの程度シミに効きめがあるのでしょうか。

●ケシミンの力とは?

ケシミンには、シミを消す(薄くする)というはたらきがあります。有効成分はビタミンC誘導体・グリチルレチン酸ステアリル・ビタミンEの3種類。これらの成分は肌にできてしまったシミに効果があるほか、これから濃くなるシミにはたらきかけて、目立たせなくさせる作用があります。

では、それぞれの有効成分について詳しく見ていきましょう。

・ビタミンC誘導体

シミ対策のスキンケア製品におなじみの成分です。メラニンの生成を予防してくれますが、シミを直接脱色する効果はありません。継続して肌に塗布する必要があります。

・グリチルレチン酸ステアリル

肌の炎症を抑え、ニキビ跡や赤み部分に効果があります。人間の肌は均一な肌色ではなく、肌トラブルが起きた場所は何かしら変色や色素沈着を起こしています。グリチルレチン酸ステアリルは、赤みが残った部分に特に効果的な成分です。

・ビタミンE

スキンケア製品やサプリメントでおなじみの美容成分。ビタミンCと併せることで効果を発揮します。抗酸化作用が高いので、アンチエイジングにも大変おすすめの成分です。活性酸素を取り除いて、若々しい肌を保ちます。

●ケシミンクリームはすぐ効くの?

抗炎症作用や抗酸化作用などの力を持つ成分を配合しているので、ケシミンクリームにもシミをある程度薄くする力はあります。ただし、直接シミを消すわけではなく、脱色などもできないので、効果を実感するまでに最低1ヶ月以上はかかると考えてください。もちろんその間は、紫外線対策とスキンケアを忘れずに行うことが大切。ケシミンクリームだけを塗ってシミが完全にシャットアウトできるわけではなく、あくまでシミを予防する補助的なクリームです。

ハイドロキノンクリームなどと比べると、ケシミンクリームは比較的安価に購入できます。したがって、気長にスキンケアを続けたい方や、肌に負荷をかけずに美肌になりたい方におすすめ。ハイドロキノンやトレチノインは肌に強い負荷をかける可能性がありますが、ケシミンクリームは無理なく続けられるシミ対策になります。

シミを消す方法として効果が高いのは何がいい?

シミを手早く消すためには、レーザー治療が一番手軽な方法になります。シミの大きさにもよりますが、10分~30分くらいの間レーザー光線をシミに当てるだけでメラニン色素ごと取り除いてしまいます。価格もリーズナブルで、手軽に施術できることが魅力です。

しかし、シミを消すためにはレーザー以外の方法も有効です。むしろ化粧水やサプリメントの方が安全性が高く、レーザーでは消せないシミやそばかすなどの肌トラブルにもアプローチできる可能性があります。

●シミを消す方法を調べよう

自分の顔にシミができていたら、まずはその原因を調べてみましょう。日焼けや紫外線によってできたものなのか、それとも「肝斑」と呼ばれる症状なのか、痣の類なのか、あるいは遺伝的要因によってできたそばかすなのか、原因を見極めることが大切です。

ホルモンバランスが崩れてできる肝斑などは、サプリメントからイソフラボンを摂取したり、食生活を見直してホルモンの乱れを整える方が有効です。また、できたばかりのシミは化粧水でも効果がある場合があります。シミの種類によって対応方法は異なると考えましょう。

●シミ対策に効果的な方法は?

シミができてしまった部位や範囲、濃さ、深さなどによって対処方法は変わるので、自己判断ではなく皮膚科で専門医の指示を受けることがもっとも確実な方法です。もし普通のシミと診断されたら、その時はレーザー治療で一気にシミを消しても良いですが、ハイドロキノンクリームなどを使って肌をケアしていく方法が一般的です。ハイドロキノンという成分にはメラニン色素を取り除く力があり、短時間で効果が出ることで知られています。

敏感肌の人なら、ハイドロキノンではなくルミキシルやビタミンC誘導体などの成分が含まれたクリームやスキンケア製品がおすすめ。時間はかかりますが、そのぶん肌に余計な刺激を与えないので、無理なくシミをケアしていくことができます。

●体の内側からシミをケアする

食事療法もシミをケアするのに良い方法です。レーザー治療と比べると少し地味かもしれませんが、人間の肌は日々生まれ変わりを繰り返しており、食べ物からの影響も多分に受けています。そのため、毎日の食生活を見直すだけでも肌サイクルが整い、きめ細かくシミの少ない肌を目指すことができます。ビタミンやミネラルなどはもちろん、女性ならホルモンバランスを整えてくれる大豆製品なども積極的に摂取すると良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bihadamania

美容マニアのアラサー子持ちママです。これまでいろんなコスメや美容液を試してきました。経験したことや悩んできた肌トラブル・美容法などを発信していきます。美容外科に行ったこともあり、いろんな経験をしているのが強み。皮膚科医の先生に聞いたこと、人気の美容本なども読み漁っているので美肌に関する情報をお届けできたらいいな~と思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日焼け止めだけでは紫外線対策はダメ?この方法がスゴイ!

  • シミってこんなにタイプがあるの?化粧品に効果のないシミとは?

  • 老人性色素斑はレーザー治療が効かないってホント?

  • 30代から急にシミは取れなくなる?30代からのシミ対策

関連記事

  • 30代から急にシミは取れなくなる?30代からのシミ対策

  • ハイドロキノン以外で副作用の少ないシミ対策はある?

  • 目立つ目元のシミ、シワを消す方法は?

  • シミ・シワの原因の8割が紫外線!紫外線対策と食べ物

  • シミはサプリで消える?消えない?

  • 紫外線によるシミ対策は日焼け止めサプリでダブルガード