1. TOP
  2. 顔のシミを消す方法はやっぱりハイドロキノン?

顔のシミを消す方法はやっぱりハイドロキノン?

 2017/10/09 シミ・シワ
この記事は約 7 分で読めます。 662 Views

「え?シミがまたできてる!」

年齢を重ねるたびに気がつくとお肌にシミが!なんてありますよね。
どうしても気になってくる顔のあちらこちらに出てくる小さなシミや大きなシミ。

シミは紫外線の影響を受けないようにしていたつもりでも、いつのまにか現れてしまう恐ろしい存在です。
高額なレーザー治療などでシミを消す方法もありますが、多くの女性は自力で消したいと考えるでしょう。

そんな方のために自力で“顔のシミを消す方法”をピックアップしました。シミの改善にぜひ役立ててステキな素肌美人を目指しましょう。

シミ消しにはハイドロキノンとトレチノイン

最近話題のハイドロキノンとトレチノイン。
トレチノインとハイドロキノンはどちらか片方でも効果があると言われていますが、この二つを組み合わせれば尚良いとされています。
ビタミンA誘導体であるトレチノインが肌のターンオーバーを促進、メラニンがスムーズに排出されてシミが改善され、そこにメラニン色素を抑制するハイドロキノンの効果がプラスされ、ダブルで美白にアプローチできるというわけですね。

シミ消しに人気のハイドロキノン、本当に効果があるの?

油断大敵!美は一日にしてならず。

シミを本気で消したいと思っていろいろ調べていくうちに誰もが目にするのがハイドロキノンという成分です。この成分は、即効でシミを消してくれるという魔法のような効果があるとされ、シミに悩んでいる人に人気が高いです。
これまでにもシミには他にもビタミンAやCなどビタミン群が良く知られているし、これまでもシミに良いって成分はたくさんあります。でも、そういうのって長く人気が続かないことが多かったです。それは効果が出なかったりわかりにくかったりするからですよね。

じゃあ、ハイドロキノンも同じようにあんまり変わらないんじゃないの?という疑問も生まれると思うのですが、ハイドロキノンはその他のシミ消し成分と全く違います。
それが、最初にも書いた即効性と効果の違いです。どうせ使うなら効果のあるものを使いたいし、できるだけ早くシミを消したいですよね。ハイドロキノンは、早く確実にシミを消したいをかなえてくれる可能性が今1番高い美容成分なんです。

他のシミ消しとの違いは?

お肌は食べたものからできている!

これまで多く登場して一時的ブームになっては人気が落ち着くというのが美容コスメの流れでした。そういったブームのシミ消しモノは効果がないというわけではないのですが、体の中から体質改善をするような比較的緩やかなシミ対策のため、効果がわかりにくいのが問題です。

シミに良いことは知っているんだけどいまいち変化がわからないのと、その作用自体が疑わしいものだってあります。なので、使ってみたけど何にも変わらないってことで人気がなくなるパターンです。

ハイドロキノンはどちらかというと、ブームではないし地味な人気かもしれません。使ってシミがなくなれば使わなくなるし、その効果と作用から継続して1年以上使わない方がいいという特徴も関係しているので使い続ける人よりも一時的に使う人の方が多いからです。

一般的で昔からいいと言われているけど変化があるまでに時間がかかるのと違って、使用前と後の違いがわかりやすくて即効性のためにスポット的に使う人が多いのもハイドロキノンと他の美容成分との違いでしょう。ハイドロキノンはずーっと使い続けるコスメではないのです。

ハイドロキノンコスメの選び方

私もハイドロキノンコスメを使ってみようかな?という気持ちになられた方のために、コスメの選び方を紹介しておきましょう。ハイドロキノン配合のコスメは、その強力な作用から継続して一年以上の利用は避けるように推奨されていますし、濃度が濃いと良くない作用も心配ですからね。そのため、以前は薬事法の関係上、医療機関でしか購入することが出来なかったほどです。
(今は法律が改正されて、一般的に販売されるようになりました。)

しかし、心配し過ぎる必要はありません。日本国内で流通しているハイドロキノン含有のコスメはその濃度が安全に利用できる程度のものがほとんどだからです。アメリカなどのハイドロキノンクリームの場合、濃度が高すぎていきなり使い始めるにはハードルの高いコスメもあります。

それでも肌の強さや敏感度は個人差があるので、ハイドロキノンクリームを使い始める前には必ずパッチテストをしましょう。一般的な濃度とシミ消しの関係については以下の通りです。

・1~3%   肌が弱い人や使い始めの人向けのやや低刺激、シミの変化が比較的ゆるやか
・4%以上   刺激がやや強いので低いもので慣れてから使った方がいい、即効性も期待できる

濃度が高い方が即効性も効果もありそうだからと無理に使わず、今の肌状態にあったものを使ったり、低濃度でも安全に使う方が美容的にも良いでしょう。効果と比例して副作用の心配もあるのでハイドロキノンは正しく使いましょう。

安心できるハイドロキノンコスメはどれ?

ハイドロキノン配合のコスメは美容外科やドクターズコスメを販売しているクリニックなどの他、ネット通販でも手軽に購入することができます。
濃度が高ければそれだけお値段も高くなったりしてしまうこともありますが、ハイドロキノンは何度も言うように少ない量でもちゃんと働いてくれるので安全第一で利用するのが1番良いでしょう。

なので、他の人もたくさん使っていて安全性があると証明されているものがいいでしょうね。使っている人がたくさんいれば効果も安全性も口コミや使ってみたリアルな感想も調べやすいのでぜひ参考にしましょう。
今日本でハイドロキノン配合のコスメと言えばビーグレンが1番売れているのでおすすめ、もしビーグレン以外のハイドロキノンを使うつもりなら実際に使ってみた人の感想や口コミだけでもかなり参考になるのでぜひ参考にするといいでしょう。特に肌が敏感な人は配合濃度によっての使用感などをイメージするのにも役立ちますよ。ぜひ上手にハイドロキノンコスメを使ってシミをなくしましょう。



顔のシミを消す効果的なビタミンC

スキンケアで、ビタミンCは、よく聞きますが、顔のシミを消す効果はあるのでしょうか?じつは、ビタミンCにはメラニンの生成を抑制させる力があります。そのため、美白とシミを予防する効果があるんですよ。そのため、もともとあった、お顔などにあるシミを薄くし、お肌の悩みを解消へと導いてくれます。

そして、年齢とともに誰でも気になるのが、お肌のたるみです。たるみはコラーゲンが不足することで起こります。そのコラーゲンの生成にはビタミンCがかかせません。
日焼けやストレスなどでできてしまったシミは、ビタミンCを摂取することで活性酸素を取り除き、メラノンが沈着してしまいます。
ビタミンCは抗酸化作用で細胞の老化を防いでくれます。よって、たるみやシミを改善し、代謝が良くなります。コラーゲンの体内生成も活発になり美白効果が期待できます。
また、ストレスに強いお肌を作り上げてくれます。

美白効果の化粧品でスッピンも怖くない!

よし!美白効果のある化粧品でシミをなくして悩みを解決と思うかもしれませんが、シミは短期間で無くなるものではありません。お風呂のカビ取り剤のように1回使ったら良いのでは?という訳ではないのです。お肌のターンオーバーには周期があります。短期間でも28日です。このターンオーバーとは細胞の1つが生まれ変わる周期のことをいい、年齢が増えると、もっと期間がかかってしまいます。そのため、ゆっくりあせらず美白成分が配合された化粧品を試されると良いでしょう。

美白成分の化粧品にはメラニンの働きを抑える効果があります。肌の奥に成分が届き、シミやくすみの目立たないお肌に仕上げてくれるのです。ピンポイントで塗るにはシミ消しクリームがおすすめです。お肌のトーンが明るくなると健康的で若々しく見えてうれしいですね。シミを解決して、素肌に自信が持てる毎日が送れるといいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bihadamania

美容マニアのアラサー子持ちママです。これまでいろんなコスメや美容液を試してきました。経験したことや悩んできた肌トラブル・美容法などを発信していきます。美容外科に行ったこともあり、いろんな経験をしているのが強み。皮膚科医の先生に聞いたこと、人気の美容本なども読み漁っているので美肌に関する情報をお届けできたらいいな~と思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日焼け止めだけでは紫外線対策はダメ?この方法がスゴイ!

  • シミってこんなにタイプがあるの?化粧品に効果のないシミとは?

  • 老人性色素斑はレーザー治療が効かないってホント?

  • 30代から急にシミは取れなくなる?30代からのシミ対策

関連記事

  • 30代から急にシミは取れなくなる?30代からのシミ対策

  • ビーグレンって長期使用は大丈夫?シミ消し効果は?

  • 韓国コスメって賛否両論あるけどシミ消しとかどうなの?

  • 毛穴の開きにハイドロキノンは有効?

  • 10代の肌のシミ対策はまずは日焼け止めサプリから

  • 顔のシミができる原因とメカニズム