1. TOP
  2. 背中ニキビの原因とできやすい理由

背中ニキビの原因とできやすい理由

 2017/08/20 背中ニキビ
この記事は約 8 分で読めます。 456 Views

背中ニキビの主な原因はシャンプーやリンスが髪などをつたって皮膚に付着することできるとされています。
背中は皮膚の中でも比較的皮脂が多くこれらとシャンプーなどの洗い残しが肌荒れとなり背中ニキビとなります。
改善するためには、これらの原因そのものを取り除くことが大事とされています。

背中ニキビは角質が原因でした

昔、私が背中ニキビで悩んでいた時に、背中ニキビを治したくて色々試していた時がありました。大人になってからの背中ニキビってなかなか治らないから、疲れた時に出てくる背中ニキビがほんとに嫌でした。

ピーリングをするまでは背中ニキビには保湿がいいと聞けば化粧水を塗ったり、シャンプーやリンスの洗い残しのカスが原因だと聞けば念入りに洗い流すようにしたり、エステに通てみたりといろいろしたのですが、そのときにたまたま知って一番効果があったのがピーリングです。

エステも何か所かあちこちに通ってみたのですが、あるエステティシャンの人に、背中ニキビを治したいなら今ある皮膚を綺麗に生まれ変わらせるのが一番いいよ。そのためにピーリングをすれば今ある皮膚を取り除くことで新しい皮膚に再生することができると勧められました。

最初は半信半疑だったんですが、すごく親身になってくれる人だったしこれ以上同じことを続けても良くないのならやってみようと思いピーリングしてみることにしたんです。そしたら、それがほんとによくて、ピーリングをしってからは定期的にするようになりました。ほんとに角質がとれて、肌のザラザラ感がなくなって背中ニキビもできなくなりました。
背中ニキビができる理由は、体質や生活習慣によって違ってくると思いますが、私の場合はターンオーバーが乱れて古い角質が残りやすいのが背中ニキビの原因だったみたいです。どうして背中ニキビができるのかよく考えて、理由を突き詰めていったら解決につながると思います。

年齢を重ねて肌の角質ってたまってくるので、疲れた時に肌が汚かったらそれが背中ニキビになるんだというのを身を持って知ることができました。大人背中ニキビは思春期の背中ニキビと違って、はっきりした理由があることが多いそうです。自分の生活習慣を一度見直してみるのも良いと思います。若い頃は背中ニキビができてもすぐに治りやすいし跡も消えやすいけど大人になるとそうもいかないですよね。ちゃんと肌を管理していく為にできることはやっていきたいものです。今ではピーリングも肌にいいものが多くなってきたので、自宅でもたまに使うようにしています。

ホルモンバランス

目に見えないからこそ気を付けたいストレス

背中ニキビができてしまう原因はいろいろあるのですが、その中でも大きな原因だと言われているのが、ホルモンバランスの乱れによるものです。

ただ、やっかいなことにホルモンバランスというのは目に見えて分かるものではありません。そのため、ホルモンバランスが乱れていたとしてもそれに気付かずに過ごしてしまう方も多いのです。

背中をいつも綺麗に洗い流すようにしている、食べ物だって脂っこいものや洋菓子などできるだけ控えているし理由がわからないというなら、ホルモンバランスの乱れを疑ってみてはどうでしょうか。

ホルモンバランスがなぜ乱れてしまうのかということをご紹介します。まず、ストレスによるものが挙げられます。過度のストレスは体にとって様々な悪影響をもたらしてしまうのですが、男性ホルモンの過剰分泌も招きます。

それから、睡眠不足もホルモンバランスを乱す大きな原因となってしまうため、注意しなければなりません。

まずはストレスを溜めこまず、睡眠不足にならないような生活を心がけてみてはどうでしょうか。

目に見えないだけにそれが理由だったなんて。と軽く考えがちですが、体の機能はホルモンの緻密なバランスで保たれているので世間でイメージされている状に体が変化しやすいのでスッキリと眠れるように工夫してみては?

食べ物が原因

次に、食べ物が背中ニキビの原因になってしまっている方もいます。脂っこいものや糖質の高いものばかりを食べてしまうと、それが背中ニキビに繋がってしまうこともあるのでバランスの良い食事を取るように心がけましょう。

食べるものについて考える際には、野菜類を中心に食べるようにするのを意識しましょう。野菜にはビタミンや食物繊維が豊富に含まれているのですが、これらの栄養素は背中ニキビの改善や予防のためにも積極的に取り入れたい食材です。

スナック菓子や甘いものばかり食べるのは背中ニキビにはとても良くありません。

栄養不足が原因

そういったものを食べていると食事からでは十分な栄養素を摂取できない方も多いため、肌に良い成分が含まれたサプリメントなども取り入れるのも良いです。ビタミンCは美肌を作るために欠かせないと言われていますが、ビタミンCが配合された化粧水を使うというのもおすすめです。

ビタミンCが含まれる食材を積極的に食べるのも良いのですが、水溶性であるビタミンCは一度にたくさん摂取したとしても使われなかった分は体外に排出されてしまうので、安定的に摂取するためにもサプリやビタミン入りの化粧水などを使うと効率よく取り入れられます。

寝ている間は背中がムレムレのことも

心と体を休めるために人間は睡眠をとります。肌寒い時期でも暑い時期でも、寝汗はかくものです。健康な成人でも、一晩で約コップ1杯ほどの汗をかくといわれています。寝汗は体温調節で大切な約目を果たしますが、この寝汗が背中で蒸れることで背中にニキビができる原因になってしまいます。仰向けで寝ているときは、背中が敷き布団などに密着することで背中に汗をかいてしまうのです。

寝るときは、なるべく自然素材のものを着るのが良いでしょう。特にコットン100%の素材は汗を吸収してくれるため、寝汗を吸収することで、お肌に負担がかかりにくくなります。季節を問わず通気性の良い素材のものを着て寝るようにしましょう。

入浴時のシャンプー方法が原因

お肌や頭皮に合わないシャンプーを使用していると頭皮をはじめ、背中にニキビが出ることがあります。でも、シャンプーは洗い流しているのにそれが原因で背中にニキビができてしまうというのは不思議に思うかもしれません。シャンプーやリンスをしっかりすすがずに、背中にシャンプーやリンスの成分が付着し、背中がかぶれてニキビになることがあります。

シャンプーやリンスの洗い残しによる背中ニキビを防ぐ方法として、洗う順序を変えてみるのがおすすめです。一番理想の入浴方法は、最初に洗髪をすることです。そして、体を洗い、最後に洗顔をする順序になります。

入浴時のちょっとした工夫で背中ニキビを減らすことができるのでぜひ習慣にしてみてください。

洗濯洗剤や柔軟剤が肌に合わない

お肌が敏感な方は、洗濯洗剤が合わない、または柔軟剤が原因で背中にニキビが出ることがあります。肌に密着する衣類は肌に合わない成分が含まれることで、ニキビのほか、かぶれや発疹が出ることも。洗剤を変えることでニキビが減るという方も多いので香料を含まない低刺激の洗剤や柔軟剤を選んで試してみましょう。

敏感肌用の選択洗剤もありますが、どれを選べばいいか迷ったら赤ちゃん用の洗剤を使ってみるのもおすすめです。デリケートな赤ちゃんの衣類を洗うためのものなので添加物などを加えていないものやせっけん成分で作られたもので安心です。

難点としては漂白剤としてはやや洗浄力が劣ることもあります。いつも漂白剤を使うのではなく、部分的に気になるところ・汚れたところにピンポイトに使うといいでしょう。また柔軟剤も赤ちゃん用があるので合わせて使うと洗濯ものもふっくらと仕上がります。

背中はニキビができやすい5つの理由

背中にニキビができる理由はたくさんあります。顔のニキビは自分で気が付きやすいですが、背中ニキビは、肌が乾燥して、背中をかきむしっているときに、ポツポツしたオウトツを発見してニキビがあると気がつくケースが多いようです。そのニキビができてしまった理由にはこれらのことが考えられます。下に簡単にまとめたので日頃の生活でチェックしてできにくい生活習慣をとるようにしましょう。

① 強くこすり洗いをし、肌の皮脂を過剰に洗い流してしまう。
毎日ナイロンタオルやボディブラシを使い刺激の強い石鹸やボディソープで洗い流している。

② アクネ菌が背中で増殖
アクネ菌はニキビのできる原因の菌で皮脂が大好きな菌。背中は皮脂の多い部分です。オウトツのある背中は中心部分が洗われていないことが多く、皮脂をエサにしてアクネ菌が増殖しやすい部分です。

③シャンプー、リンスが付着したまま
シャンプーやリンスが洗髪の際に背中に付着したままになると、ニキビや湿疹がでることがあります。しっかり洗いながさないと背中などの肌はシャンプーやリンスで毛穴が覆われ毛穴の詰まりの原因になってしまいます。

④ストレスでニキビ
過剰なストレスは、人間の体にさまざまな悪影響を及ぼします。背中ニキビとストレスはじつは関連性があります。これは、ストレスを受けると、自律神経や視床下部に影響し、男性ホルモンが分泌され、自律神経の交感神経が活発になり、ノルアドレナリンが増加します。男性ホルモンやノルアドレナリンは皮脂の分泌が盛んになるためニキビができやすい肌質になってしまいます。また男性ホルモンは肌が硬くなる性質を持つため、毛穴が詰まりやすくなりアクネ菌が増殖するのです。ストレスは肌に大きな環境を及ぼします。

⑤ビタミン不足
毎日の食生活は皮膚の健康に影響し、ビタミンが不足すると肌全体によくありません。野菜や果物は毎日の食事に欠かせない栄養素がたくさん含まれております。

ビタミンCは抗酸化作用があり炎症をしずめる効果があります。ビタミンAは皮膚、鼻、ノドなどの粘膜を丈夫にします。また、免疫力を高めるビタミンとして知られております。美肌に効果が高いビタミンといえばビタミンBです。脂質エネルギーに変え代謝を促します。

背中ニキビは肌に負担をかけないようにこれらのことに気をつけて背中ニキビができにくい体質になるように心がけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピピキュッ!すっぴん美人になるために!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bihadamania

美容マニアのアラサー子持ちママです。これまでいろんなコスメや美容液を試してきました。経験したことや悩んできた肌トラブル・美容法などを発信していきます。美容外科に行ったこともあり、いろんな経験をしているのが強み。皮膚科医の先生に聞いたこと、人気の美容本なども読み漁っているので美肌に関する情報をお届けできたらいいな~と思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日焼け止めだけでは紫外線対策はダメ?この方法がスゴイ!

  • シミってこんなにタイプがあるの?化粧品に効果のないシミとは?

  • 老人性色素斑はレーザー治療が効かないってホント?

  • 30代から急にシミは取れなくなる?30代からのシミ対策

関連記事

  • 顔ニキビと背中ニキビの違い

  • 脱毛したら背中ニキビが悪くなる?

  • 背中ニキビにピーリングって効果あるの?使ってみた体験談

  • 背中ニキビに良い食べ物・悪い食べ物

  • 背中脱毛したらニキビはどうなる?

  • 背中ニキビの予防法 ニキビを作らない背中の洗い方とお手入れ